有効成分タダラフィル

有効成分タダラフィルとは

更新日:

タダラフィル

シアリスの有効成分タダラフィル

『シアリス』は、勃起不全(ED)を治療する薬で、先行のバイアグラ、レビトラのあとに実用化された3番目の勃起不全(ED)治療薬です。
この日本においてもシアリスは売られていて、病院やクリニックでも処方を受けることができます。

シアリスの作用はより長く続くため、先に市場に出ていたバイアグラやレビトラとの比較から注目があります。
海外での人気を獲得してきた理由は、1錠服用につき最大36時間も効き目が継続することです。

ここでは、主成分タダラフィルを使用した勃起不全(ED)薬であるシアリスについて、より安心・安全に入手し利用できるよう詳しい説明をしたいと思います。

タダラフィルの開発経緯

シアリスは2003年から販売されており、薬としての歴史は新しいといえます。
2007年、日本でも日本イーライリリー社から市場に出ました。
タダラフィルは成分名であり、世界では『シアリス』の商品名で多くの人に認知されています。

このシアリスは、EDを治療する目的以外にも、肺高血圧症や排尿の障害を治す薬としても認められています。
ED治療薬としてのシアリスは効き目の持続時間に関して、これまでに開発されていたバイアグラやレビトラとは違うコンセプトで作られました。

バイアグラやレビトラの服用後、効能が発現してそれが続く時間は約5~6時間認識されていました。
しかしシアリスは、その効果の持続時間が最大36時間と効果が続く時間が何倍も多いということが分かっています。

ED治療薬の効能を発揮したい日の朝に薬を用いることで、その効果は短くても丸1日期待できます。
それにより、男性の中にはバイアグラやレビトラを以前から飲んでいた人も、多くの場合、シアリスに内服を切り替えたという話もあります。

現在日本では、シアリスの特許が続いており、シアリスのジェネリック医薬品はまだ存在しません。
病院やクリニックで処方を受ける時は、原則としてシアリスのみです。
しかし、シアリスが多くの人から支持を得ていることから、特許が切れたのちも多数のジェネリック医薬品が発売されることが予測されています。

このように、男性の勃起不全や勃起障害に対する治療のためにシアリスは使われます。
全身の血液の流れを良好にし、それにより陰茎の海綿体平滑筋の緊張を緩め、満足のいく勃起を誘発するのが、シアリスのメインの効果となります。

またシアリスは様々なタイプのEDにも効果があります。

例えば、心理的な原因によりEDが生じる心因性ED、神経系や血管系などに問題が生じている器質性ED、またはそれらの心因性と器質性の症状が合わさった混合性のEDです。
シアリスは緩徐に作用が効き、その効果が続くためです。

タダラフィルの配合されたED治療薬シアリス

タダラフィルの配合されたED治療薬を服用しても無条件に勃起が生じたり、性欲が増す作用はありませんので、その点では気をつける必要があります。
勃起作用を起こすためには、性的な刺激が必要になっていることも忘れてはいけません。

タダラフィルは、あくまでも身体の血液の流れを改善し陰茎にも作用を及ぼす成分です。
服用してから約1~3時間で効果が出はじめて、性的な興奮や刺激が追加されることで効果を最大限発揮します。

薬によって生じる生理的な変化としては、陰茎が勃起することを抑える酵素であるPDE5(ホスホジエステラーゼタイプ5)を妨げる作用があり、シアリスは「PDE5阻害薬」とも称されています。

シルデナフィルは先行薬のバイアグラに含まれている有効な成分ですが、シアリスに含まれている有効な成分のタダラフィルも同じ系統の薬です。

シアリスの最大の特徴は、薬を服用してから最大36時間に至るまで勃起機能の持続が見込まれることで、その理由は薬の作用の半減期が他の薬と比べて長いことにあります。
それにより、いつ服用しても、食事からの影響が少なくなり、服用のあとの時間を気にすることもなく、薬利用の自由度も高くなります。
これらが、シアリスをED治療薬として使いやすくさせ、人気を集める理由となっています。

また、同じタダラフィルが使われたジェネリック医薬品も数多く販売されています。
シアリスジェネリックは、シアリスと同じ効果ながら半額以下で買えるため、使ったことがない人でも一度は試してみて良いでしょう。

タダラフィルが使われているED治療薬以外の薬

シアリスに含まれる成分のタダラフィルは、勃起不全(ED)治療以外の場面でも利用されます。
その一つが肺高血圧治療薬としての利用です。

タダラフィルは全身の血管を拡張する効果や、筋肉を弛緩させる効果があり、これらは様々な治療にも有用となります。

肺高血圧症

肺高血圧症の治療には、錠剤のアドシルカなどがよく用いられています。
アドシルカはシアリスなどと同様のPDE5阻害薬です。
肺高血圧症になると、肺へ血液を送るための大切な血管である肺動脈の血圧が高くなるため、血液を送るときに肺と心臓に大きな負荷がかかります。

そのことにより、他の機能障害を誘発させる理由となるのです。

これらの肺高血圧症の症状を軽減するには色々な方法が存在します。軽度な症状であればPDE5阻害薬が使用されることもあります。
そのため、シアリスに含まれるタダラフィルやバイアグラやレビトラに含まれる有効成分も、同様のPDE5阻害薬としての効果が期待され使用されています。

これらをPDE阻害薬として利用することで、全身の血管を拡げ血圧を下げます。
タダラフィルに関しては、血中から成分が代謝される半減期が他の薬に含まれるPDE5阻害成分と比べると長く、1日につき1錠の利用で足りることが大きな特徴です。
シアリスと使用目的は違うものの、併用禁忌薬や生じやすい副作用は同じように現れることがあります。

排尿障害改善薬

タダラフィルは排尿障害改善薬にも適応されます。
その一つにザルティアという薬が存在します。シアリスと同じ日本新薬から販売され、ほぼ作用等はシアリスと同じ薬です。
排尿障害は前立腺肥大症から生じる症状の一つで、ザルティアは前立腺肥大症に適応する初の薬ということもあり、注目を浴びました。

前立腺の細胞が増え続け、肥大し、それにより尿道を圧迫してしまうのが前立腺肥大症です。
それにより、尿がスムーズに出なくなったり、残尿感が強く残ったりといった症状が特徴です。

前立腺肥大症の治療は、肥大している前立腺に隣接する筋肉を緩ませ、尿道の通りをスムーズにすることでその症状を改善します。
これらの前立腺肥大症の治療にも、タダラフィルは効果があるとされています。

タダラフィルの作用の特徴である、PDE5を阻害する作用が筋肉の緊張を和らげる効果があるためです。

前立腺肥大小児用いられるザルティアは、シアリスと同じ有効な成分を含有し、その成分の用量もほとんど変わりませんが、服用のタイミングが、前立腺肥大症とED治療では大きく異なります。
そのため、各々の服用方法を踏まえ、症状の改善がより期待できるときに服用することが大切です。

また、排尿障害改善に対し、シアリスのジェネリック医薬品などを取り入れることは身体に害を及ぼす可能性が高いとされています。
安心して使用できるジェネリックの医薬品も存在しますが、排尿障害を改善するという点では主治医の指示に基づいての治療が最も重要と言えます。

高いED改善効果を持つ成分タダラフィル

タダラフィルは、勃起不全(ED)治療薬として海外では特に支持されています。
その理由は、効果がとても長時間続くことや内服が食事時間に影響されないことなどが、ED治療にとって非常に魅力的だからです。

なおタダラフィルは、日本ではまだ販売されて間もない薬です。
それ以前は、日本においてはバイアグラがED治療薬として広く認知され、バイアグラがED治療薬のシェアトップでした。

しかし、有効な成分タダラフィルを含有したシアリスは特許継続があるにも関わらず、日本でも高い人気を誇り売り上げを伸ばしています。

ご自身の状況に合わせて、服用する薬を選択することが重要です。

しかし、もしまだシアリスを使ったことながなく、かつバイアグラやレビトラに不満をお持ちであれば、一度シアリスを服用の選択肢の一つとして取り入れるのも良いでしょう。

おすすめ記事一覧

-有効成分タダラフィル

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.