ED(勃起不全)について

ED治療薬の特徴を比較

更新日:

ED治療薬の特徴を比較

3大ED治療薬と次世代薬はすべて経口薬で、服用後すぐに有効成分が吸収される即効性のある治療薬です。
これら4つの薬剤の基本的な作用機序に違いはなく、どれもEDの直接的な原因であるホスホジエステラーゼ5(PDE5)酵素の働きを阻害し、血管を拡張して血流を促すことにより勃起を助けます。

EDの症状に悩まされている男性には夢のような薬といえますが、その種類により異なる特徴があります。
薬剤ごとの特徴と違いを理解し、自身に適した治療薬を選べば、EDの治療効果が最大限に得られるでしょう。

代表的なED治療薬4つ

バイアグラは、アメリカの大手医薬品メーカー、ファイザー社によって1998年に世界で初めて開発されたED治療薬です。
ED治療薬といえばバイアグラしか思い浮かばないという人も多数いるほど、知名度の高い医薬品のひとつではないでしょうか。

アメリカでバイアグラが発売開始されて以来、その後を追って様々なED治療薬の開発と製造販売が進んでいます。
特に海外では、幅広い種類のED治療薬が承認されており、日本では未承認の医薬品もたくさん存在します。

日本におけるバイアグラの特許期間はすでに切れており、日本国内でもジェネリック医薬品が複数販売されてきてはいますが、まだ海外に比べて種類に限りがあるのが現状です。
そんな中、バイアグラと並び「3大ED治療薬」と称されその知名度を上げた「レビトラ」および「シアリス」も今では広く活用されているED治療薬です。

最近では2012年にアメリカで「ステンドラ」の販売が開始され、徐々に広がりを見せています。
ステンドラは、それ以前に開発された治療薬の足りない点をカバーできる次世代ED治療薬として注目されています。

バイアグラの特徴

まず、最も一般的に知られているバイアグラについて紹介しましょう。
バイアグラの形状は一般的に錠剤ですが、ODフィルムと呼ばれるオブラートに似たフィルム状のものなどもあります。

国内では50mgと100mgが販売されており、認められている服用量は1回の服用で50mg以下となっています。
即効性がとても高く、服用後1時間程で効果が得られます。したがって、性行為の直前の服用が適しています。

持続時間は約5時間とされています。
服用方法とタイミングに関しては、バイアグラは脂分の多い食べ物や、過度の飲酒の影響を受けることが多い為、可能な限り空腹時に水と共に服用するのが良いとされています。

ただし、どうしても食事の後に服用する必要がある場合、食後2時間以上が経過していれば問題ありません。
また、服用後の食事については30分以上が経過していれば薬効に影響を与えることはありません。

バイアグラの成分は、その血管拡張作用から、動脈硬化や心不全の治療薬としても用いられているシルデナフィルです。
勃起不全の治療では、勃起を抑える役割を担う酵素であるPDE5を、シルデナフィルが阻害して勃起を助けます。
なお、媚薬成分は含まれませんので性的な刺激なしでは勃起することはありません。

バイアグラは、そのジェネリック医薬品が多く販売されています。
比較的安価なため、費用を抑えたい場合はジェネリックの購入を検討するとよいでしょう。

レビトラの特徴

バイアグラの次に開発されたED治療薬は、ドイツで製造されているレビトラです。
レビトラの形状は錠剤で、国内では5mg, 10mg, 20mgが販売されています。
服用は1日1回まで、用量は10mgからとし、効果が得られなければ20mgに上げることが可能です。
次の服用までは24時間以上空けましょう。

バイアグラに似て水に溶けやすく、服用から1時間で効果を発揮する高い即効性が特徴です。
持続時間は約4時間とされています。
レビトラは空腹時の服用が最も理想的ですが、バイアグラほど食事の影響はないとされています。
したがって、性行為の直前に食事をしても使用できます。

なお、服用後の食事は20~30分以上経ってからするようにしましょう。
レビトラの含有成分はバルデナフィルで、シルデナフィルと同様にPDE5酵素を阻害する成分を含み、バイアグラと同様の作用があります。
レビトラも、そのジェネリック医薬品が安い価格で販売されています。

レビトラと同様の効果を持ちながらより安く手に入るため、保険適用外のED治療薬としては購入しやすいのはもちろん、即効性などの特徴からも活用しやすい治療薬です。

シアリスの特徴

現在、世界中で最も売れているED治療薬のシアリスは3大ED治療薬の中で最も新しく、アメリカのイーライリリー社によって開発され、すぐに広がりをみせました。

日本では2007年に発売されており、5mg, 10mg, 20mgが販売されています。
他の2つの治療薬と異なる特徴としては、水に溶けにくく効果が現れるまで3時間ほどかかる為、即効性はそれほど高くないといえます。

一方、他の治療薬に比べて持続性に優れ、36時間も作用が続きます。
しかし、他の治療薬と同様に性的な刺激なしでは勃起することは無いため普通の生活に影響することはありません。
シアリスは、ゆっくり作用し長く効く特徴から、別名「ウィークエンドピル」(金曜日の夜から日曜日の朝まで持続するため)と称され、バイアグラとの併用で即効性の実現も可能です。

食事のタイミングに関しては、800kcal以下に抑えれば作用に影響が出ないため、日常生活に取り入れやすい治療薬といえます。シアリスの主な有効成分は、タダラフィルで、他のED治療薬と同様、血管拡張作用により血流を改善して勃起を促します。

シアリスは、前立腺肥大や肺動脈硬化症にも用いられる医薬品です。
シアリスも手ごろな価格のジェネリック医薬品が多数販売されており、治療が初めての方にもお薦めです。

ステンドラの特徴

最後に、2012年に発売されたステンドラについて紹介します。
ステンドラはアメリカの製薬会社により製造販売され、日本国内ではまだ未承認ということもあり知名度の低いED治療薬ですが、次世代医薬品として世界中で注目を集めています。
50mg, 100mg, 200mgが製造されています。

ステンドラはレビトラよりも水に溶けやすく、即効性がきわめて高いのが特徴です。
また、効果はバイアグラと同じく6時間程続きます。
服用のタイミングについては、食事の直後は効果が現れない可能性があるので注意すべきですが、バイアグラに比べて影響は少なく空腹でなくても服用できます。

ただし、脂分の多いものや過剰な飲酒は避けるべきです。
即効性に優れる為、性行為の直前に服用できます。
有効成分はアバナフィルで、その作用機序は他のED治療薬と同様にPDE5酵素の働きを阻害し勃起を促します。

ステンドラは国内での販売がなく、個人輸入代行業者を介すなどして購入します。
ジェネリック医薬品も多く、手ごろな価格で購入できます。

こちらで主に取り上げたPDE5阻害薬以外にも、今では様々なED治療薬が開発されており、入手が可能です。
国内未承認であっても、個人輸入などの正当な手段で購入できます。
それぞれの治療薬の特徴を把握し、自分に適したものを見つけEDを改善しましょう。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

おすすめ記事一覧

-ED(勃起不全)について

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.