有効成分タダラフィル

タダラフィルが配合された薬の購入方法

更新日:

タダラフィルが配合された薬の購入方法

それでは、どのようにてタダラフィルを手に入れるのでしょうか。

タダラフィルの含有された医薬品を手に入れる方法は大きく分けて二つあります。
ED治療専門のクリニックで処方を受ける方法と海外からの個人的に探して購入する方法です。


病院やクリニック処方で入手する方法

ED治療をする上で、病院に通院して薬をもらうのは少し気が進まないという人も多く、普通の病気のように治したい症状や病気があれば病院に行って薬を処方してもらえばいいというものではありません。
ED治療という特質上、なるべくなら周りの人に知られずに通院治療をしたいと思うのが大抵の人だと思います。

またED治療薬は他の薬と比べて高額となります。
なぜならED治療自体が保険適用外になるためです。
それらの理由から、クリニックや病院での治療や処方をためらう人が多いこともお分かりいただけると思います。

個人輸入代行サイトでの通販で購入する方法

もし通院治療にも消極的で、さらに治療が高額になることが不安な方は、ジェネリック医薬品(後発医薬品)を海外の輸入代行サイトから直接手に入れることもできます。

なぜ、海外の輸入代行サイトから手に入れる必要があるのかというと、タダラフィルを含むED治療薬のジェネリック医薬品は日本での認証がまだおりていないためです。
そのため、もちろんクリニックや病院でも処方は不可能で、さらにドラッグストアでももちろん販売はされていません。

ただし、個人で海外輸入代行サイトから薬を入手するためには、インターネット上というその購入方法の特質上、特有の危険性があります。
その一つが薬の偽造品が出回っている可能性が高いということが挙げられます。
タダラフィルを含むジェネリック医薬品は数百種類あると言われ、その多くのジェネリック医薬品の中に、薬の偽造品が含まれている可能性があるのです。

輸入代行サイトにおいて医薬品を海外から手に入れるには、本物と偽装品を見極めるための観察眼と注意が必要となります。

タダラフィルを入手するためには、クリニックや病院に通院し高額な薬代を支払う方が良いのか、または海外輸入の通販に頼った方が良いのか、どちらが安全に行えるのか、その方法やメリットなどをご紹介します。

国内で、タダラフィルをクリニックや病院で処方してもらうには、病院やクリニックに直接受診する必要があります。
タダラフィルを含むED治療薬は国内においてはシアリスという薬のみが認可されています。
先行薬の特許が切れておらず、ジェネリック薬品は存在しません。

そのため、国内ではシアリスのみ処方されることが可能です。
前述のようにドラッグストアではシアリスは販売されておらず、医療機関から必ず手に入れる必要があります。

薬の処方のためにクリニックや病院に受診する必要がありますが、薬の安全性も保たれ、利用者によってはメリットとなります。
タダラフィルの服用には併用に注意しなければならない薬や併用が禁忌になっている薬もあり、服用方法・用量やいつ服用すればいいのかなどを直接医師から説明を受け、納得して服用することができます。

また万が一、副作用が出たり薬の効果が感じにくければ、他のED治療薬に変更し試すことも相談の上可能です。

同じED治療薬を安価で購入できるメリット

一方、処方薬の値段が高額になるということがクリニックや病院での処方のデメリットとして挙げられます。
シアリスの処方は保険適用外になるので、シアリス1錠につき2,000円程度かかってしまいます。
また、1シートに4錠しか入っていないため、頻繁に使用するとその分通院する回数も多くなり、負担になる方もいるでしょう。

クリニックや病院にED治療で通院するのは、気が進まなかったり、高額な薬代に薬を手に入れることを躊躇してしまう方は通販でタダラフィルを含むジェネリック医薬品を手に入れることもできます。
国内でも多くの人が通販で入手しています。

インターネット上での薬の個人輸入は、薬事法範囲内であれば禁止されていません。
誰もが容易に海外から薬を購入することができますが、Amazonや楽天などの大手通販会社ではシアリスを購入できないというのが現状です。
それらの通販会社ではシアリスを販売していないからです。

ただし、その価格の安さがインターネット上での個人輸入の最大のメリットと言えます。
海外ではシアリスのジェネリック医薬品が多数販売されています。
日本においては、シアリス1錠2,000円もしたものが、海外では安いもので1錠300円程度で手に入れることが可能になっています。

インターネット上での個人輸入だと、薬を購入するためにその都度クリニックや病院に通院する必要もありません。
また自分にあったED治療薬を探して見つけることができれば、いつでも自由に定期的に購入することができるのも魅力の一つです。

シアリスの偽造品に注意する

一方で海外個人輸入のデメリットとしては、薬の偽造品に気をつけなければならないことが挙げられます。
特にタダラフィルを含むED治療薬は偽造品が多く流通していると言われています。
日本でも海外でも人気があるためです。

インターネットショップで販売されているED治療薬の約4割が偽物だったという調査結果がED治療薬販売の大手製薬会社が実際に調査したデータに出ていました。

一例として、インターネットで売られているシアリス錠剤に「シアリス50(50mg)」と書かれている薬もありましたが、実際にはシアリスは20mg以上では販売されておらず、明らかに偽造とわかるものもあります。
薬の説明文に『より多くのタダラフィルを含む』などの良い側面が書かれてあっても、その薬は偽造品である可能性が高いと疑う必要があるといえるでしょう。

特に海外通販であれば、薬の詳細な説明や、購入方法などはじめは分からないことも多く、購入するに当たって不安に思う方もいるかもしれません。
また、偽造品が多く流通していることを知っていても、自分だけは大丈夫だと思い安易に購入してしまう人も多いと思います。
しかし、薬を海外から個人輸入する際には、十分注意して購入をしなければなりません。

個人輸入代行サイトでの購入に当たって、たとえ価格が安くて魅力であっても、十分注意をして購入先のサイトを選びましょう。

おすすめ記事一覧

-有効成分タダラフィル

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.