シアリスについて

シアリスの正しい飲み方

更新日:

シアリスの正しい飲み方

シアリスはED治療薬の中でも高い人気を誇っていて、その理由は副作用が総じて少ないためです。
しかし正しい使い方をしないとその効果も半減してしまいます。

第三のED治療薬であるシアリスは、勃起不全の状況により3段階の服用量が決められています。
3段階とは錠剤の用量別に5mg、10mg、20mgの3種類です。

自己判断で用量を変えることは大変危険ですのでやめましょう。
効果を増したい気持ちは分かりますが、体質に合わない用量を服用すると副作用が出る危険性が急激に高まります。


ED治療薬シアリスは空腹時の服用でより効果を発揮

シアリスは安全に使ってこそ高い効果を期待できるED治療薬です。

まず服用は1日1回までです。
服用してから次に使うまで24時間以上間を空けるようにして下さい。
また水かぬるま湯と一緒に飲むことも忘れないようにしましょう。

食事によって効果に変化はないとされていますが、体内で効率よく成分が吸収されるため、空腹時に服用することがおすすめです。

適度な食事とアルコールは問題ない

シアリスは「タダラフィル」という主成分からできていて、タダラフィルは非水溶性です。
この性質により、シアリスは他のED治療薬よりも即効性はありません。
また最高血中濃度に到達する時間が早い方で30分、遅い方で4時間と様々です。
いつ服用するか迷ったら、性行為の3時間前に服用するようにしましょう。

シアリスはアルコールへの耐性が強いED治療薬とされています。
しかしシアリス服用中の過度なアルコール摂取は控えましょう。
なぜならシアリスには血管を広げる効果があるためです。
アルコールは血流を良くする効果があるため、いつも以上にアルコールが体内に回る可能性が高まります。

そのためシアリスを服用する際には、適量の飲酒を心がけましょう。
適量の飲酒は気分の鎮静効果が認められており、シアリスと併用することで効果的にED回復が実現すると言われています。

また食事を気にしなくて良いこともシアリスの大きなメリットです。
ED治療薬として有名なバイアグラやレビトラはその絶大な効果で知られていますが、食事を気にしなければならないというデメリットがあります。

一方シアリスは、特段食事に気を遣う必要はありません。
以前までは「毎食800kcal(ポークカレー1皿分)までは問題ない」という条件もありましたが、今では撤廃されています。

ただし服用する際にはできる限り高脂質の食事は避け、和食などのあっさり系の食事を摂ることをおすすめします。
高脂質料理を食べた後は効果が低減するという報告があるためです。
仮にカロリーの高い食事を摂ってしまった場合は、2時間ほど間隔を空けてシアリスを服用するようにしましょう。

しかしながらシアリスはED治療薬の中でも食生活に関して留意しなければならない点は殆どないため、変に神経質にならなくても大丈夫です。

シアリスの効果持続時間

即効性がないことがシアリスのデメリットであることは先述しましたが、作用時間に関しては大きな特徴があります。
その持続時間は最長36時間で、バイアグラを始めとした他のED治療薬を大きく引き離しています。

勃起障害を持つ2,012人に対して行われた海外での実験でもこのシアリスの持続時間の長さは実証されています。
この実験では被験者に1日1回、12週間ごとにシアリス20mgが投与されました。
その結果、最大で36時間に亘る効果を実感できた人が全体の7割を超えたのです。

効果が緩やかな点もシアリスの特徴です。
他のED治療薬と比較して副作用もあまり認められていません。
これらの性質により、今までのED治療薬では改善が難しかった心因性のEDや混合性ED(心因性と器質性の複合型)改善においても効果を示しています。

シアリスは海外で「ウイークエンド・ピル(金曜に飲めば日曜まで効果が続く)」と呼ばれて親しまれており、発売が開始されてすぐに不動の1位であったバイアグラをシェア率で追い抜きました。

日本ではバイアグラのシェア率がいまだにトップです。
しかしシアリスの利用率が徐々にバイアグラ使用率に迫ってきています。

バイアグラやレビトラとの比較

ED治療薬は世界中の男性に使われており、その種類も様々です。
そして各治療薬によってその特徴にも差があります。
特にシアリスは他のED治療薬と比較してもその差は歴然としています。

まず、とても有名な治療薬の1つにバイアグラを簡単に紹介しましょう。
バイアグラは世界で初めてED治療薬として作られました。
その効果は3~4時間ほど続きます。
また服用してから30分~1時間ほどで効果を発揮するなど、即効性と強力な効き目が特徴です。

一方で食事には気を付ける必要があり、油を多く使った揚げ物などの料理の後には効果が減少してしまいます。
更に食後1時間空けてから服用することが必要など、諸々の制約がある点が使用上の注意点として挙げられています。

次にレビトラの紹介です。
「第2のED治療薬」として知られるレビトラですが、その最大の特徴は即効性です。
そもそも服用してから30分ほどで効き目が出てくるなど、その効果は絶大ですが、中には10分ほどで効果が出る方もいます。
効果はバイアグラよりも少し長めの5時間~8時間ほどです。

食事にさほど神経を使わなくて良い点も特徴ですが、脂質過多の食事は発現効果を弱めてしまう可能性が報告されているため、可能であれば服用前は控えることをおすすめします。

バイアグラ、レビトラの次に開発されたにがシアリスです。
シアリスはこれまでのED治療薬の常識を覆す約30時間~36時間の効果持続を実現させました。
自分の生活リズムに合わせた服用をすることができるため、効果がある内に急いで性行為を済まそうと焦る必要もありません。

更に、気になる食事の影響も殆ど皆無のため、ライフスタイルを変えずに性生活を楽しみたいという男性から根強い人気を誇っています。

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

おすすめ記事一覧

-シアリスについて

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.