ED(勃起不全)について

代表的なED治療薬の種類

更新日:

代表的なED治療薬の種類

国内で処方されており、症状の改善作用が期待できるED治療薬として一般に最も知られているのは、「バイアグラ」でしょう。

実際には、バイアグラの他にも様々なタイプのED治療薬が国内で承認を受けて販売されています。
あまり一般的には知られていませんが、バイアグラに加え、「シアリス」および「レビトラ」も医薬品として販売が許可されており、バイアグラと共に3大ED治療薬と称されています。

その他、「ステンドラ」なども同様に代表的なED治療薬です。
これらの治療薬は、血管に作用する物質であるシルデナフィルやタダラフィルという成分を含有しています。

つまり、作用機序としては、血管を拡張させ男性器への十分な血流を促進することで勃起を促す仕組みです。
どのED治療薬も、症状の改善が期待できますが、それぞれに異なる特徴があるため患者ごとに適したものを選ぶことが重要です。

ED治療薬の効果や時間の比較

ED治療薬選びで注目すべき点は、服用してから作用が現れるまでの時間、いわゆる即効性、効果の持続時間、食事のタイミング、つまり薬が食事の影響を受けやすいかどうかの3点です。

前述の3大ED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスは、日本国内の医療機関で処方されている人気の高い治療薬です。
これら3つの治療薬も即効性や効果の持続時間にそれぞれ違う特徴を持ち、その特徴を活かした服用方法があります。

ED治療薬の効能や副作用の特徴を以下に詳しく説明しましょう。

特徴の比較

  • バイアグラ:強力な勃起力を実現。効果は5時間持続。
  • シアリス:ゆるやかに効いて最大36時間持続。副作用が少ない。
  • レビトラ:最短15分で効果が発現する即効性。バイアグラに近い勃起力。
  • ステンドラ:15~30分で効いて副作用がほぼないバランスタイプ。

例えば、即効性に注目すると、バイアグラは服用後すぐに効果が現れる治療薬といえます。
反対に、シアリスは即効性があまり期待できませんが、効果が2~3日間も持続するという持続時間に優れた治療薬です。

つまり、性行為のタイミングを鑑みて即効性を重視するか、持続性を重視するかでどの治療薬を選択すべきかが変わります。
具体的には、性行為の直前に即効性が弱く効果の発現まで2~3時間かかる治療薬を服用してもその効果は期待できません。

逆に、即効性に優れた治療薬を、性行為をいつ行うか、または行うかもわからない状態で服用しても無駄になる可能性があるでしょう。

剤型の違い

薬剤の形状にもそれぞれ特徴があります。
錠剤以外に、ODフィルムと呼ばれる薄いオブラートに似た携帯に便利な形状や、錠剤の中にも容量の調節が可能なものなど様々な種類があります。

治療薬の特徴と効果を最大限に利用するためにも、購入前に特徴を把握して正しい知識を得たうえで、自身のスタイルに合わせて検討することが重要です。

副作用の比較

それぞれ違う特徴を持つED治療薬ですが、どの医薬品も副作用の可能性があることは事実です。発症の確率が高い軽度の副作用症状として、顔面のほてり、頭痛、めまいなどが挙げられています。

他には、消化不良、動悸、鼻炎なども報告されています。
中には重症化してさらに深刻な状態になった症例もあります。
EDの症状に悩まされている人には、副作用の危険性を恐れて治療薬の服用をためらっている方も少なくないでしょう。
副作用の不安を感じる方は、サプリメントの選択肢もあります。

サプリメントの多くは医薬品と違い、天然由来成分や食品栄養素を成分とするものです。
したがって、副作用の危険性がなく症状の改善も期待できます。
ED治療薬は、即効性の高い医薬品であるだけでなく、幅広い年齢層に効果を示す優れた医薬品ではありますが、安全性を重要視する患者はサプリメントを活用するとよいでしょう。

ED治療薬の購入方法

次にED治療薬の購入方法と価格について説明します。

購入方法は主に、医療機関から処方してもらう方法と、個人輸入や個人輸入代行業者を介してインターネット通販などで購入する方法の2パターンがあります。
医療機関に処方してもらう場合は医師の診察を受けて治療薬に関する正しい説明が得られることや、自身の症状や体質に最も適した治療薬が入手できるなど、様々なメリットがあるでしょう。

その一方、個人輸入でインターネットサイト等から購入する場合、より幅広い価格帯と種類の中から好きなものを自由に選べるというメリットはあります。
しかし、自己判断でED治療薬を購入することは自分に合わなかったり効果が期待通り得られなかったりするリスクを伴います。

価格に関しては、一般的には1,000~2,000円程度で販売されています。
高価格ではないものの、それほど安いものでもありません。
また、ED治療薬は自由診療扱いで保険適用外のため、医療機関で処方されても全額患者の自己負担となります。

メリットとデメリットを比較した上で購入方法を検討するのが賢明であると言えますが、デメリットを補う方法として、初めに医療機関の診察を受け自身の症状や体質に適したED治療薬を処方してもらい、その後の購入は個人輸入などの通信販売で、同じ成分を含むより安いジェネリック医薬品を選ぶという手段もあります。

ジェネリック医薬品は、先発品と全く同じ成分を含有する医薬品として別の会社が開発する後発品です。
したがって、先発品に比べて開発費が安い分、比較的低価格で販売されています。

医療機関からの購入でも同じですが、特に海外から医薬品を個人輸入や代行業者を介して購入する場合は、医薬品ごとに決められた数や量を守り、個人の使用目的以外の使用は避け、他の人へ譲渡しない等、決まりを守る必要があります。
その点に注意して自身の体や予算に合ったED治療薬を購入しましょう。


おすすめ記事一覧

-ED(勃起不全)について

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.