シアリスについて

半額以下で入手できるシアリスのジェネリック医薬品

更新日:

半額以下で入手できるシアリスのジェネリック医薬品

シアリスはイーライリリー社が開発して特許を取得した、世界でも愛好者の多いED治療薬です。
その特許はまだ切れておらず、ジェネリック医薬品を製造することはできません。

勿論、日本国内には流通しておらず、病院での処方もできないのが現状です。

しかし現在、インドには多くのシアリスジェネリックが存在しており、海外通販サイトで購入することが可能です。
ここでは、インドでシアリスジェネリックが流通している理由、また、その安全性について説明していきます。

シアリスジェネリックのメリット

シアリスは、世界で3番目に開発されたED治療薬であり、以前に発売されたバイアグラやレビトラに比べて、少々割高です。

その上、バイアグラにはジェネリック医薬品が多く存在します。
それらと比較してしまうと、シアリスはどうしても高価に感じがちです。
半額以下で購入できるシアリスジェネリックを使用できるなら、金額に関するデメリットを解消できます。

インドの特許法は少し特殊で、成分に関わる特許が認められていませんでした。
そのため、シアリスの成分を用いてジェネリック医薬品を製造できたのです。

インド製のシアリスジェネリックは、成分も正規のものと同じ「タダラフィル」を用いています。
特許期間の関係から考えると、正式なシアリスジェネリックと言うことはできません。
しかし、その効果や安全性は信用に足るもので、一般的にはシアリスジェネリックと認識されています。

個人輸入を使うことで、インド製のシアリスジェネリックを入手することができます。
しかし、体に害を及ぼす偽物も混じっているため、常識外に安価なものには気を付けるようにしましょう。

シアリスジェネリックで一番人気の「メガリス」

「メガリス」と言うシアリスジェネリックがあります。
これは、インドで売り上げを伸ばし続けているマクレオーズ社が開発したもので、シアリスジェネリックの中でも、高い人気を誇ります。

メガリスは丸いピンク色の錠剤で、元祖シアリスと大きく違います。
それぞれ個包装されており、持ち運びしやすいのが特徴です。

メガリスに含まれるタダラフィルの成分量は、10mgと20mgの2種類になります。
シアリス20mgは1錠が約2,000円しますが、メガリス20mgは1錠500~700円程と、安価に設定されています。

メガリスの開発は大手が担い、信用できる薬です。
しかし、インド特有の特許法下で開発された薬なので、他国での認可はされていません。
私達が、通常のルートで手にすることはできないのです。

私達がメガリスを入手する方法は限られています。訪印しての直接購入か、個人輸入するしかありません。
しかし、人気がある薬であることが裏目に出て、多くのまがい物も存在します。

どちらの方法で購入するにせよ、充分な注意が必要です。

シアリスジェネリックは多種多様

インド製のシアリスジェネリックは、多様な種類があり、特徴もバラバラです。特に、大手製薬会社が販売しているシアリスジェネリックは高い人気を誇り、多くの愛用者を持ちます。

メガリス以外のシアリスジェネリックを、少し紹介しましょう。
バイアグラジェネリック「カマグラ」で有名なアジャンタファーマ社は、「タダリスSX」と言う薬を販売しています。
一般的にはタダリスと呼ばれ、大手製薬会社の作と言うこともあり、人気を集めています。

タダリスの主成分は、シアリスと同じタダラフィルであり、10mg錠と20mg錠が存在します。

それ以外にも、シプラ社(ムンバイに拠点を置く)製の「タダシップ」、ファイザー社製の「タダリフト」があります。
ファイザー社はバイアグラ製造で有名で、タダリフトはインド国内向けに製造されました。
ちなみに、インド国内で売り上げ1位を誇るのは、サンファーマ社製の「フォーゼスト」と言う薬です。

以上に挙げたシアリスジェネリックは、いずれも有効成分はタダラフィルを用いています。効き目は変わらず、費用は安く抑えることができるのです。

シアリスジェネリックは様々な形をしているため、偽物が見分けにくくなっています。
購入する場合は、しっかり見極めることが肝心です。

シアリスジェネリックの形状タイプ

シアリスの正規品は錠剤のみですが、シアリスジェネリックには舌下錠やトローチなど、多くのタイプが存在します。

アジャンタファーマが販売しているタダリスは、薄黄色をした細い楕円形の錠剤タイプです。
10mg錠と20mg錠があり、シアリスジェネリックの中でも人気の高い商品です。

20mg錠の値段は約300円と設定されています。
その形はシアリスの正規品と似ているものの、正規品にある「C10」などの刻印が無いなどの特徴があります。

タダリスの例で分かるように、錠剤で販売されているシアリスジェネリックと正規品とでは、多少の違いがあるのです。

アジャンタファーマ社発のシアリスジェネリックには、「アプカリスSXオーラルゼリー」というものもあります。
ゼリー状の薬で、服用しやすいようにイチゴ味といった、7種類の味を揃えています。
タダラフィルの含有量は、1袋20mgであり、400円程度の値段設定です。

舌下錠タイプとしては、フォーチューンヘルスケア社が販売している「タダリスタ・プロCT20mg」という薬が挙げられます。
水無しで服用可能なことが、大きな特徴となっています。
このように、シアリスジェネリックには色々な剤型が存在するのです。

注意点として上記に挙げた薬の正規品は、いずれも10mgと20mgに限られます。
大容量の50mg以上のものは販売されておらず、見かけたならば、それは偽物と思って差し障りありません。
購入の前に、用量をしっかり把握するようにしましょう。

シアリスジェネリックが開発された理由

医薬品に対する特許の種類として、成分に関わる「物質特許」と治療薬としての「用途特許」あります。
これら両方の期限が満了、もしくは無効になったとき、はじめてジェネリック医薬品を正常することができるのです。

シアリスの特許は、双方共にイーライリリー社の所有となっています。
現時点でも有効で、ジェネリック医薬品を作ることはできません。

インドは2005年まで、「物質特許」が存在しませんでした。
そのため、シアリスといった国際特許が有効な医薬品のジェネリックを製造することができたのです。

シアリスは2003年にアメリカで発売された薬であり、まだまだ新しいED治療薬です。
そのためインドの特許法に引っかかることなく、ジェネリック医薬品を作ることができました。

特許法は2005年に法改正され、インドでも物質特許が認められました。
しかし、それ以前に製造されたものは販売することができ、個人輸入での購入も可能です。

これらのことから、現在入手できるシアリスジェネリックはインド製のものだけです。
海外通販サイトでは偽物が多く出回っています。
購入する際には、充分な注意をしなければなりません。


おすすめ記事一覧

-シアリスについて

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.