ED(勃起不全)について

ED・勃起不全をセルフチェックする

更新日:

ED・勃起不全をセルフチェックする

ED・勃起不全は自己診断できる

男性は誰でも勃起不全になり得ますが、自分はEDなのか、EDにはどんな基準があるのか考えたことはありませんか?

これまでの経験で勃起がうまくできなかったときに焦ったこともあるでしょう。
EDではなく、その日の体調やストレスに左右されることも大いにあります。

しかし、勃起がうまくいかないことが続く場合には、EDである可能性は否定できませんし、仮にそうであっても決して悲嘆することはありません。
EDであることを認めずに治療をせずにいてよいのでしょうか?

国際基準のSHIMスコア

今回は、自分の身体状態を確認できる簡易的なEDの診断ツールを紹介します。
これにトライすることで自分のED状態も分かり、EDを早期に改善させるステップを踏めるでしょう。
まずは自分のED状態を知ることから始めてください。

ED症状やED治療の効果を確認するために設けられた国際基準として、国際勃起機能スコア(International Index of Erestile Function)である通称IIEFがあり、これをEDの自己診断で使用します。

このスコアには設問がいくつかあり、それに付随している回答の当てはまる項目を自身でチェックしてED症状の度合いを判定します。
客観的に判断するのが難しい勃起の維持や硬度なども判断しやすくなっているので、自分の症状を知るのにも役立つでしょう。

この国際勃起機能スコアIIEFには、設問や回答の違いにより、IIEF、IIEF5、SHIMの3種類があり、この3つのスコアの違いは以下のようになります。

  • IIEF:設問数15問。回答選択肢に「性的刺激がなかった」「性行為をしていない」などが 含まれる
  • IIEF5 : 設問数5問。回答欄に「性行為をしていない」がない
  • SHIM:設問数5問。回答欄に「性行為をしていない」が含まれる

すぐにセルフチェックを試したいという人は日本性機能学会の公式HPにこれらの確認表が掲載されていますので、性行為を長い期間していない人や少ない時間で簡単にチェックを済ませたい人など、自分の状況によって確認表を選択できます。

ほかの海外の国と比較し、日本では男性が恋愛に消極的であること、カップルにおいてもセックスレスが多いことは容易に想像できるかもしれません。
このような背景から、多くの日本人男性においては「性行為をしていない」という回答ができるSHIMスコアが適切であると判断されています。

それではSHIMで用意されている設問はどのようなものでしょうか。

概要は以下のようになり、どの質問にも5、6個の回答選択肢があります。

  • 勃起を維持することに対しての自信を持っていたか
  • 陰茎が挿入できるくらいの硬さに勃起時になっていたか
  • 勃起している状態が性行為の間、何回キープできたか
  • 勃起している状態をキープするのが難しかったか
  • 自分が満足感を得られる性行為だったか

それぞれの回答が点数化されていて、その点数を合わせたもので、疑わしいED症状があるのかやED症状の程度を判断していきます。

EDの疑いが高いのは、満点が25点のうち21点以下であった場合ですが、22点以上であったとしてもEDでないとは言い切れません。
SHIMスコアは、セルフチェック表であり、あくまでも自分の今の状況を判断する手助けになるものです。
結果をそのまま信じるのではなく、少しでもED症状を感じたり、不安に思うことがあれば医療機関への受診をしましょう。

まずは自分のED状態を知りたい人はこの『SHIM EDセルフチェック』を試してみてください。
こちらから確認できます。 

次にSHIMスコアの結果について紹介します。

SHIMスコア21点以下:EDの疑いあり

ただし、あくまでもセルフチェック表のため、確実にEDであると判断できるものではありません。

なかには、実はED症状があったり、またはその予備軍である場合もあり、ご自身の状況や結果によっては、受診を勧めます。

また21点以下の結果の場合も、その点数から重度ED、中等度ED、軽度EDの3つに分けられます。
ED症状がどの程度なのかを確認するツールとして利用してみましょう。

SHIMスコア17点〜21点:軽度ED

満足に感じるくらいに性行為が実施でき、そして勃起にも困ることがないという状態を軽度EDといいます。

この勃起とは、勃起状態を性行為が終了するまでキープできる、勃起したときの陰茎の硬度が十分に保たれていることなども含まれ、勃起ができるということだけではないことがポイントです。

この軽度EDは、早い段階からED治療を始めれば予後もよく、またバイアグラなどのED治療薬や日常生活の習慣を改善することで対処することができるでしょう。

SHIMスコア8〜16点:中等度ED

この中等度EDも治療薬の使用や日常生活の習慣改善からED症状の軽減を期待することができるでしょう。
ED治療薬としては、もっとも有名なバイアグラはよく効果があることが有名で、それらを試してみることもおすすめします。

中等度EDとは、時に勃起が不十分で、性行為の途中で勃起のキープができず、勃起状態に通常と少し違うという感覚をもったり、自分が期待する性行為が満足にできない状態をいいます。

しかし、注意が必要なのは、中等度EDであっても点数の幅があり症状の程度もそれぞれ異なるということです。
点数が16点の時はED症状が中等度あったとしてもEDとしては軽いと考えられますし、一方で8点の時は極めて重度のEDに近い症状があると認識する必要があるといえるでしょう。

SHIMスコア7点以下:重度ED

この重度EDとは、勃起したり、たとえ性行為しても勃起をキープできることが少なく、正常な性行為をすることが難しいケースをさします。

軽度EDや中等度EDはED治療薬の使用や日常生活の習慣改善である程度治療できる部分もありましたが、この重度の場合は治療が困難なこともあります。

陰茎部の血行を促進させ、通常の勃起に導く作用をもつED治療薬を使用しても、効果が出ないほどにEDの重症化が進んでいるケースに関しては、ED治療を専門に行っている病院に受診をする必要があるでしょう。

そこで医師の診断を受け、場合によっては、薬剤を陰茎部にダイレクトに注射するICI治療やほかの効果的な外科治療を勧められる可能性もあります。

さらに、SHIMスコアが1〜5点という場合には、性的な刺激がない、性行為自体をしていないという回答を多く選んでいることが示唆されます。
そもそも、性行為の経験自体が少ないということで適切なED診断とは言えず、よって重度EDではない可能性もあるといえるでしょう。

また別の見方をすると、性的な興奮を感じなかったり、性欲がないというケースは神経が何らかの原因で傷ついていたり、性欲の減退が原因になっていたりします。その場合にも、病院受診し医師の診察を受けるようにしましょう。

早期発見でED・勃起不全はすぐ治せる

これまで述べてきたように、ED症状をチェックするSHIMにてスコアが21点以下の場合は、EDの疑いがある可能性が高いといえます。

EDとは勃起がうまくできずに満足感の得られる性行為ができない状態であり、まったく勃起をないことだけを指すのではありません。

十分な勃起が得られないことで、自分だけだと思って恥ずかしく感じたり、治療をしても治らないのではと悲観的に受け止めている人もなかにはいるでしょう。

しかしEDは治らない病気ではありません。ED症状に気づいて少しでも早くED治療を開始することができれば、内服治療で治すことができます。

どのような性生活をするのか、また性生活の終わりを決めるのも自分です。
治療をせずに後悔をしないよう、しっかりとED症状に向き合いEDの悩みから解放されましょう。

おすすめ記事一覧

-ED(勃起不全)について

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.