有効成分タダラフィル

有効成分タダラフィルの効果

更新日:

有効成分タダラフィルの効果

シアリスの成分タダラフィル

タダラフィルは、バイアグラやレビトラにおける欠点を克服したED治療薬として、注目が集まっています。
タダラフィルの利点はどのような点にあるのでしょうか。

最も大きなメリットはその作用時間の長さで、バイアグラやレビトラと比較するとその何倍も作用時間が長くなっています。

薬を服用しているところを他の人に見られたくないという場合でも、必要時を想定し前もって服用できます。

また、バイアグラやレビトラは食事によって薬の吸収率が低下し効果に影響が出ることがありましたが、タダラフィルは食事に左右されにくい薬です。
このようにタダラフィルは他のED治療薬と効果効能が異なる点があるので、バイアグラやレビトラと同じ感覚で服用しないよう注意が必要です。

遅効性のタダラフィル

タダラフィルはゆっくりと効果を発揮する薬なので、思っていた時間に効果が現れないからと言って追加で更に服用してしまうと、過剰投与となり健康に影響が出る可能性があります。
タダラフィルの使用を希望する際は、どのような薬か効果効能をしっかり理解することから始めましょう。

タダラフィル最大の魅力はその高い持続性にあります。

作用時間は最大で36時間に及び、一度服用すると1日以上効果が持続すると言われています。

タダラフィル製剤であるシアリスは、服用してから効果が発揮されるまで少し時間がかかり、約1時間から3時間程度待たなければなりません。
血中濃度がピークを迎えるのにかかる時間は個人差があり、自分自身の場合どの程度の時間で最大限の効果を発揮し得るのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

効果持続時間が長い点と食事による影響を受けにくい点において、シアリスは個々のライフスタイルを邪魔することなく使用できると人気が高くなっています。

タダラフィルは勃起自体を誘発する薬ではなく、性的な刺激を受けることによって初めて勃起効果を発揮します。

また、タダラフィルの血管拡張作用による副作用として、頭痛、ほてり、顔面紅潮、目の充血などが見られる場合があります。
薬の効果とともにこのような副作用は自然と治まってきますが、気になる場合は市販の頭痛薬などを使用しても良いでしょう。

タダラフィルのED改善効果

タダラフィルの薬理効果は他のED治療薬と同様に、PDE5を阻害することによる勃起不全の改善、勃起の維持効果です。

バイアグラやレビトラでも同じことが言えますが、服用することによって勃起が誘発されるのではなく、あくまでも勃起には性的刺激と興奮が必要であり、その際に血管拡張効果でより力強い勃起へ導くというものです。
中折れはED患者に多い悩みですが、服用によりPDE5を阻害し、cGMPという勃起に必要な成分の破壊を食い止めるため、勃起状態の維持を期待できます。

タダラフィルはED治療薬としてだけではなく、その血管拡張作用や筋肉弛緩作用により前立腺肥大症の薬としても処方されています。
ED治療での使用と前立腺肥大症での使用では用法用量が若干異なるため、処方された際は正しい服用方法を守るようにしましょう。

効果効能はバイアグラやレビトラとさほど変わらない点も多いのですが、前述したように効果持続時間の違いや食事による影響の受けにくさから、日本国内で正式に承認されているED治療薬の中ではとても人気が高い薬となっています。

タダラフィルが配合された医薬品

タダラフィルを含有したED治療薬はまだ後発品の販売はなく、日本国内では日本新薬から発売されている『シアリス』のみとなっています。

医療機関で処方されるシアリスは、用量の異なる3種類の錠剤(5㎎、10㎎、20㎎)があります。

持続時間は、バイアグラやレビトラが約5~6時間程度と言われるのに対し、シアリスは10㎎で約24時間程度、20㎎で約36時間程度と比べ物にならないほどの効果持続性を誇ります。
多く服用したからといって勃起力が高くなるわけではないので、定められた用量用法を守るようにしてください。

シアリスはまたの名を『ウィークエンドピル』と呼ばれることもあるほど効果が長く続くことで有名です。
金曜日の夜服用すれば、日曜日まで効果が持続するため、ライフスタイルに影響を与えにくいのが人気の理由です。

10㎎で十分な効果を得られるため問題ありませんが、薬を実際に使用し更に効果を得たいと感じた場合は20㎎を使用してみてください。

バイアグラやレビトラが即効性のあるのに対し、シアリスはゆっくりと身体に吸収されるため、効果を発揮するまでに少し時間がかかります。
しかし、その特徴から時間と心に余裕を持って事前に服用することができますし、副作用の出現も穏やかに感じる人が多いと言われています。

タダラフィルはED改善以外でも使われている

タダラフィルは『肺動脈性高血圧』や『前立腺肥大症に伴う排尿障害』における治療薬としても活用されています。

肺動脈性高血圧とは、心臓から肺へ血液を送り出す肺動脈の血圧が異常に高くなり、心臓に過度な負担がかかり、全身へ酸素を送ることが困難になる病気です。

最悪の場合は死に至ることもあり、日本国内では約6000人もの患者がこの病気に苦しんでいると言われています。
この病気は指定難病であり、肺動脈の血管拡張と血流改善を図るための治療が必要になります。

タダラフィルは血管拡張を妨げる酵素PDE5を阻害する効果がありますが、このPDE5は肺動脈平滑筋にも数多く存在しています。
よってタダラフィルを服用することにより平滑筋を弛緩させる作用を持つcGMPの破壊が食い止められ、肺動脈の血管を拡張、血流改善へと導くことができるのです。

肺動脈性高血圧治療薬としてのタダラフィル製剤は『アドシルカ』という薬名で処方され、健康保険の適用となります。

また、PDE5は前立腺や尿道の平滑筋にも数多く存在しているので、タダラフィルの薬理作用により、血管を拡張させ平滑筋を弛緩することができ、圧迫を受けた尿道を緩める効果を発揮します。
前立腺は膀胱の下部で尿道を取り囲むように位置しているため、前立腺が肥大化すると尿道が圧迫されて尿の出にくさを感じたり、残尿感を感じたりと排尿障害を起こすことがあります。

前立腺肥大症による排尿障害においてのタダラフィル製剤は『ザルティア』という薬名で処方され、これもまた健康保険の適用となります。

おすすめ記事一覧

-有効成分タダラフィル

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.