シアリスについて

シアリスの効果は最大36時間持続

更新日:

シアリスの効果は最大36時間持続

シアリスは持続性に優れたED治療薬

日本国内で三番目に承認されたED治療薬であるシアリスは、既に発売されていたバイアグラやレビトラと同じ作用機序を有するものの、長い作用時間を示すなど従来の薬剤とは異なる特徴を持つ薬剤としてイーライリリー社によって開発されました。

36時間と長い効果の持続だけではなく食事の影響も低いことから、タイミングなど気にすることなく自然に生活の一部として使用する事が可能となり、多くの男性に支持されています。

現在シアリスは世界100国以上で販売されており、多くの男性とパートナーのサポートをしています。
1回の服用だけで2日近く効果が持続し、焦りなどから解放され自然体で過ごすことが出来るため、世界で多くの患者にリピートされているシアリスの詳しい使い方について、以下で詳しく解説していきます。

シアリスの効果効能

シアリスには5mgと10mg、および20mgの3規格があり、服用後10mgだと20~24時間、20mgだと30~36時間もの間、効果が持続するとされています。

他のED治療薬と同じく性的刺激があった場合のみ、正常に勃起と勃起の維持をサポートしてくれる薬剤です。
長時間の作用時間があっても、特に催淫効果や性力増強効果が認められているわけではありません。

バイアグラやレビトラは高脂肪食の食事の影響を受けますが、シアリスは影響を受けにくいと言われていますので、食事のタイミングなどにさほど気を遣う必要がありません。

さらに、バイアグラやレビトラと比較すると副作用がマイルドであると言われ、頭痛や顔のほてり、目の充血などの発現が少ないとされています。

プレッシャーやストレスから解放され自然な刺激で勃起に至りますし、副作用も少ないため、薬を服用している感じがしない、若い時の自分に戻ったみたいだと言った声が多く聞かれ評価されています。

タダラフィルを含むED治療薬はイーライリリー社により開発されましたが、現在日本では日本新薬社が販売権を持っており、日本新薬社が販売している製品が正規品として流通しています。

成分量によるシアリスの効果持続時間

シアリスは3規格ありますが、用量が多いといって勃起力がアップするわけではなく、先に述べた通り作用時間が異なるだけとなります。
また、持病などによって少量の服用しか出来ない患者用として5mgの規格が流通しています。

従来から販売されていたバイアグラやレビトラの作用時間が5~6時間なので、作用時間が長く自由度が高い点がメリットと言えます。

シアリスはアメリカなどではウィークエンドピルと呼ばれており、金曜の夜に服用しておくと週末は効果が持続しているのでいつでも自由に楽しめるとされています。
通常であれば10mgで十分に効果が認められていますので、10mgから開始し、効果が不十分で副作用もない場合は20mgに用量アップすることをおすすめします。

バイアグラやレビトラの作用時間が短いのは即効性が高いからとされており、一方シアリスは遅効性で作用時間が長いとされています。

シアリスは従来の2剤とは異なる特徴的な点を持っていますが、効果が現れる作用機序は3剤とも同じです。

性的刺激によって正常に陰茎が勃起するには、cGMP(環状グアノシン一リン酸)の働きによって陰茎の血管が拡張される事で起こります。
陰茎の血管が拡張されると血液が多く流れこんできますので、陰茎が勃起することになります。
射精が達成され興奮が収まるとPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素が働き、cGMPを阻害する事で勃起状態が通常状態へと戻っていきます。

しかしPDE5が適切なタイミングで働かず、勃起のタイミングで過剰に分泌されてしまうと十分な勃起に至らないEDの症状があらわれます。

シアリス、バイアグラ、レビトラなどのED治療薬はPDE5阻害薬であり、PDE5の働きを阻害する事で正常な血管拡張に効果を現し、正常な勃起と勃起持続が得られる効果を持ちます。

シアリスの臨床試験

日本国内においてED患者343人を対象に、プラセボ(偽薬)を投与する群とシアリス錠5mg、10mg、20mgの各群に分け、有効性及び安全性について検討された治験が行われました。

有効性については、国際勃起機能スコア(International Index of Erectile Function、以下IIEF)を用いた勃起機能ドメインスコアや、患者が治験中に記していた日記の内容で検討されました。

日記には性交に関する質問(Sexual Encounter Profile、以下SEP)の回答が記録されており、質問内容「パートナーの膣への挿入ができましたか?」、「勃起は十分に持続し、性交渉に成功しましたか?」に対し「はい」と回答した割合を見ています。

これら評価項目のすべてについてシアリス5mg、10mg、20mgすべての用量の群で効果が認められ、日本人ED患者に対してもシアリスの有効性が証明されています。

重症化したED患者に対しても解析が行われており、上記IIEF、SEPの2、3の質問に対し20mgの群で最も大きな効果が見られ、用量依存性が認められました。

また、シアリスが投与された257名を対象に行われた国内臨床試験では、主な副作用として、頭痛が29例(11.3%)、ほてり22例(8.6%)、消化不良6例(2.3%)が報告されています。いずれにおいても軽度から中度の症状であり、重篤な副作用の報告はありませんでした。

これらの結果からシアリスは副作用が少なく効果の高いED治療薬として日本で認められたのです。

おすすめ記事一覧

-シアリスについて

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.