シアリスジェネリック

早漏改善効果もあるスーパータダライズ

更新日:

早漏改善効果もあるスーパータダライズ

シアリスジェネリック「スーパータダライズ」とは

スーパータダライズは、早漏の改善とED(勃起不全または勃起障害)治療薬の2つの成分を複合した経口用の錠剤で、サンライズレディース社が世界で初めて開発したシアリスジェネリックです。

主成分は、ED治療薬であるシアリスにも含まれる「タダラフィル」と早漏の改善効果がある「ダポキセチン」の2種類が配合されています。

スーパータダライズは、シアリスと同様に長時間の勃起改善が特徴で、薬が効き始めてから24〜36時間程度、効果が持続するため事前に服用しておくことで性行為のタイミングを逃しません。
また、早漏改善薬である「ダポキセチン」は、性行為中の射精までの時間を約3〜4倍に引き延ばすことができます。

この2つの成分によって、中折れや勃起不全、さらには早漏の改善効果が期待できます。

シアリスジェネリック「スーパータダライズ」の飲み方

スーパータダライズの服用時には、用法や用量を守ることが大切で、しっかりとした服用によって、性行為時に安定した効果が期待できます。
薬は性行為に及ぶ約1時間前に、又は時間がある時には3〜4時間前に服用することで、効果が実感できます。

タダラフィルは1錠で長時間の効果が期待できるため、過剰に服用しても高い効果は得られず、むしろ副作用の危険が高まります。
成人男性の場合、1日1回の服用で十分効果が発揮されるため、次回の服用には最低24時間以上の間隔を空けることが推奨されています。

タダラフィルおよびダポキセチンの1回の服用の推奨量は、それぞれ10 mgおよび30 mgとなっています。
スーパータダライズ及び類似の商品には、1錠が推奨量を超えている場合もあります。
効果を強く感じる人や副作用が起こる人、初めて服用する人などは、ピルカッターにより、半分量や1/4量に調整しましょう。

過剰に摂取しても効果が高まることは期待できませんし、反対に副作用が強く起こることがあるので注意が必要です。

食事の影響

スーパータダライズの主成分であるタダラフィルは、食事によって薬の吸収率や効果に影響を受けにくいことが知られています。
食前に服用する場合800 kcal以内であれば影響しないと言われていますが、通常は夕食等では1,000kcalを超えることも多く、さらには油や脂質が多い食品では薬の効果が減少することがあるので、食べすぎに注意しましょう。

より高い効果を望む場合は、空腹時に服用することが大切で、効果の持続時間が長いので食事の数時間前に服用することがお勧めです。

アルコールの影響

スーパータダライズを服用する時は、予期しない副作用が起こるおそれがあるため過度なアルコール摂取は控えてください。
また、主成分であるタダラフィルは油や脂質と結合しやすく、フルーツジュースや牛乳などで飲むと腸内での吸収率が下がることがありますので、たっぷりの水または白湯(ぬるま湯)で飲むようにしてください。

シアリスジェネリック「スーパータダライズ」の副作用

スーパータダライズの副作用にはさまざまな症状が知られています。
主な症状は、「頭痛」「潮紅」「ほてり」「めまい」「視覚異常」「胸痛」「動悸」「頻脈」「結膜炎」「鼻炎」「睡眠障害」「しびれ」「嘔吐」「意識喪失」「下痢」「倦怠感」「眠気」「のどの渇き」「起立性血圧」「ふらつき」「4時間以上の持続勃起(プリアピズム)」がみられることがあります。

頭痛やほてりといった血流に関係する症状は、服用から2〜3時間で落ち着くようですが、体内の水分不足の場合、下痢や嘔吐、めまい、失神などの副作用が増大する可能性あるため、服用そのものを控えるか十分な水分を摂取するように心がけることが大切です。

特にめまいや失神、視覚障害などは、車等の運転、危険を伴う機器操作や作業等で十分に注意する必要があります。
また、スーパータダライズの服用時、過度なアルコール摂取は控えてださい。

主成分であるダポキセチンとアルコールの相互作用によって、失神や心臓発作などの神経障害を誘発するおそれが増大します。

それぞれの副作用は、個人差があり頻度や重症度が違いますので、効果や副作用が強く起こる人は、ピルカッター等で用量を調整しましょう。
また服用から1日以上経過しても副作用の症状が改善しない場合は、我慢せず医療機関を受診しましょう。

シアリスジェネリック「スーパータダライズ」の注意事項

スーパータダライズは副作用の問題から、そもそも服用できない人がいます。
次の人は、スーパータダライズを使用することはできません。

スーパータダライズの成分に対して過敏症の既往的のある人、硝酸剤等 (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、および硝酸イソソルビドなど)を使用している人、心障害がある人、狭心症の既往歴がある人、不整脈や低血圧、高血圧の人、最近3ヵ月以内に心筋梗塞を患った人、最近6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血を患った人、網膜色素変性症の人、失神の既往的がある人、うつ病患者および既往歴が人、肝障害がある人です。

またその服用に注意が必要な人として、陰茎構造の欠陥がある人、血液の病気を持つ人、PDE5阻害薬または他の勃起不全治療薬を使用している人、出血性疾患または消化性潰瘍のある人、65歳以上の高齢者、うつ病の人、統合失調症の人、てんかんの既往歴のある人、緑内障の人、抗精神病剤を服用している人などが知られています。

このような症状や既往歴を持つ人は、必ず医師または薬剤師に相談してください。

シアリスジェネリック「スーパータダライズ」の禁忌事項

さらにスーパータダライズは、シアリスと同じように一緒に服用すると重大な悪影響が起こるため一緒に飲むことができない併用禁忌薬が複数存在します。

硝酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、および硝酸イソソルビド等)、sGC刺激剤リオシグアト(アデムパス)、MAO阻害剤(セレギリン塩酸塩、エフピー)、ピモジド(オーラップ)、チオリダジン、リチウム、リネゾリド、トリプトファン、セントジョンズワート、トラマドール、抗真菌薬 (ケトコナゾールおよびイトラコナゾール)、抗HIV阻害剤(リトナビル、サキナビル、ネルフィナビルおよびアタザナビル)、抗生物質(テリスロマイシン等)、抗うつ薬(ネファゾドン等)などです。

また、一緒に服用することに注意が必要な食品や医薬品もあります。
一例として、グレープフルーツ (ジュースを含む)、カフェイン、脂質、過度のアルコール、うつ病以外の精神薬、非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェン、アセチルサリチル酸等)、ワルファリン、高血圧や胸痛や前立腺肥大症の医薬品、さらに一部の抗真菌薬、HIV治療薬、抗生物質 (エリスロマイシンおよびクラリスロマイシン等)、吐き気止め(アプレピタント等)が知られています。

これらの薬を服用している人、または服用する予定がある人は、医師または薬剤師に相談してください。

おすすめ記事一覧

-シアリスジェネリック

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.