有効成分タダラフィル

シアリスの有効成分タダラフィルの作用機序

更新日:

有効成分タダラフィルのED改善効果

タダラフィルがどのように身体に作用するのかは、まず陰茎がどのように勃起するのかを知る必要があります。

そもそも、勃起とはどのような生理的現象なのでしょうか。

勃起の作用にはcGMP(環状グアノシン—リン酸)とPDE5(ホスホジエステラーゼ5)が重要な役割を担っています。
cGMP(環状グアノシン—リン酸)は体の中の神経の応答や筋肉を弛緩など、いろいろな生理的現象を調整します。

またPDE5(ホスホジエステラーゼ5)は、前立腺などといった尿路組織の血管にある酵素で血管の収縮に関係しています。
まず性的な興奮などの刺激を脳が受けて身体の神経系に命令を出し、陰茎内にある神経から一酸化炭素が出ると、cGMP(環状グアノシン—リン酸)が増えます。

次に、陰茎にある海綿体の緊張をcGMPが弛緩させることで、多くの血液が陰茎の海綿体に流入します。
血液が十分流入された結果、陰茎が固く変化し、勃起現象が生じる仕組みになります。

勃起のあと、興奮が収束するときにはPDE5(ホスホジエステラーゼ5)の活動がcGMPを分解するためによく働くようになり、それが血管収縮に繋がり、通常の陰茎へと変化することになります。

勃起している状態をキープするために、タダラフィルはPDE5の働きを阻害し、また、陰茎内の海綿体の血流を良くし、一時的に勃起力を高めます。
タダラフィルの特徴として、勃起すること自体を促進させる助けではなく、勃起自体を収束させるのを緩やかにするという面から効果を発現するということが挙げられます。

上述のように、タダラフィルを利用した後、すぐに勃起が発生するわけではないことがお分かりいただけたと思います。
タダラフィルの服用には、前もって性的な興奮が必要なため、服用の機会を適切に見極める必要があります。

勃起不全の原因を制御する作用

一般的には、タダラフィルは、PDE阻害薬として称されています。
その理由としては、タダラフィルの特徴として、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)を阻害する効果があるためです。

これは先行開発されたバイアグラやレビトラについても同様であり、どの薬においても基本的には勃起を補助するためにPDE5を阻害する働きを持っています。
このPDE5を阻害することでEDの対処治療をする方法は、実はそれまでのED治療の歴史を振り返ると革新的な方法でした。

通常、ED治療は病院で診察を受けても漢方薬の処方であったり、陰茎に注射をして勃起の活性化を図るなど、効果に不確定な要素が高い対処法のみでした。
これまでのこのような状況に対し、新しい治療・対処法として生まれたのがPDE5阻害薬です。

ここまで説明したように、PDE阻害剤であるタダラフィルは、勃起している状態をキープすることが主な目的であり勃起を強制的に引き起こす作用をもつ薬ではありません。
ED治療薬の効果が持続している間、興奮がずっと持続するのは、身体の負荷がかかっている状態とも言えます。

それらに対し、タダラフィルのようにゆっくりと体内に吸収されるPDE阻害薬は身体に負荷をかけるような心配が軽減され、ED治療中の男性にとっては強い味方ということになります。

タダラフィルを有効成分として含有するシアリスは、日本においてED治療薬として3番目に市場に出た薬で、PDE5阻害薬の中でもまだ比較的新しい薬と言えます。
先行開発されて市場に出ているバイアグラやレビトラに見られる改善が望まれる点を踏まえて研究開発されているため、使用者側も安心して使うことができる最先端のED治療と言えるでしょう。

タダラフィルの持つ血管拡張効果

タダラフィルの効果は、PDE5の阻害だけでなく、血管を拡げて陰茎自体を大きくする二つの面からのアプローチ効果がみられます。
それらのアプローチ方法が、タダラフィルの人気の秘訣でしょう。

どのようにして陰茎を大きくするのかというと、陰茎にある毛細血管を拡げ血行を促進させ、陰茎サイズをアップさせています。
ただ血管を拡げるという作用は陰茎だけでなく全身にも生じるため、タダラフィル服用にみられる副作用として頭痛が挙げられます。

頭痛という症状は、血管拡張作用によって心臓よりも一番高い位置にある脳へ全身の血液が運ばれにくくなってしまうことから生じます。
この症状は、ED治療薬にみられる副作用としては多く見られます。
血管が拡張しても血液自体の総量が増えないため、血液循環量が不足して頭痛も生じやすくなることが理由です。

一方で循環血液量が減って頭痛が生じるということは、タダラフィルの効果が出て血管拡張の結果でもあります。
ただここで注意が必要なのが、ほかの薬を内服している人にとってはそれぞれの薬の効果が重複することで、各々の副作用がそれぞれ強く引き起こされる可能性が高いということです。

この心血管系への服作用は、EDの治療薬に関してはどの治療薬に対しても全般に当てはまることです。
ですので、持病に心臓血管系の病気の持病をもともと持っている方や、かつそれらに対しての処方を受けて薬を服用しているケースでは、タダラフィル服用に際して注意が必要です。

有効成分タダラフィルのまとめ

タダラフィルは長時間型のPDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害剤であり、勃起機能を妨げる酵素であるPDE5を取り除く働きを持っているため、性的刺激下による勃起機能が長時間キープされることや、油分の多い食事の影響がひびきにくいことなどが効果の大きな特徴となります。

これまでのED治療薬であるバイアグラの有効成分シルデナフィルや、レビトラの有効成分バルデナフィルもシアリスと同様に、PDE5阻害薬の分類となりますが、シアリスは長期間型であるということが大きな違いといえるでしょう。

またタダラフィルの血管拡張作用を利用し、ED(勃起不全)のみならず肺動脈性肺高血圧症や前立腺肥大症による排尿障害の治療薬(薬名:アドシルカ・ザルティア)として広く用いられています。

おすすめ記事一覧

-有効成分タダラフィル

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.