シアリスED治療薬として人気の「シアリス」は、「バイアグラ」や「レビトラ」の後に販売された新しい薬で、2013年現在、世界シェアの約40%以上を占める商品で、以下の効果から人気がとても高い勃起薬です。

  • 最大36時間の持続力
  • ゆるやかに効くため体に優しい
  • 食事の影響を受けにくい

日本でも評価の高い薬で、ED治療のために病院やクリニックに通った場合、シアリスを処方されることが少なくありません。
ところが、シアリスは1錠2,000円もするため、非常に大きな経済的負担になります。
これは、ED治療が自由診療という扱いで保険適応外となるためです。

シアリスジェネリックのメリット

  1. シアリスと100%同じ効果
  2. 値段が最大8割安い
  3. 薬によっては早漏改善効果もある

効き目が高くても値段も高いことでED治療自体を諦めてしまう人も珍しくありませんでしたが、実は、世界中の製薬会社からシアリスのジェネリックが何種類も製造され販売されています。日本でも個人の輸入代行業者やインターネットを介して、海外のシアリスジェネリックを購入することが可能です。

シアリスのジェネリックの多くが、ジェネリック大国と呼ばれるインドで製造・販売されています。インドの製薬企業で製造・販売されているシアリスジェネリック医薬品は、国際的にみて、イーライリリー社の特許が切れていないので厳密なジェネリック医薬品ではありませんが、シアリスと同じタダラフィルが主成分であり、薬の効果や安全性が同一商品として遜色がありません。

シアリスジェネリックの購入方法

通販現在の日本ではまだシアリスの特許が切れていないため、シアリスジェネリックを病院で処方してもらうことはできません。ドラッグストアで市販されることもありませんので、入手したい場合は、個人輸入するか、代行業者による海外医薬品通販サイトを利用する必要があります。

ジェネリック医薬品には、形状やタイプが異なる様々な種類の薬が数多く売られているため、一般の方では偽造品の見分けが難しく、さらに近年ではインターネットを介して、比較的に容易に薬を入手できることから、不正なサイトも多数存在します。

1例として、シアリスや、信頼性の高いシアリスジェネリック医薬品は、通常、10mgまたは20mgで市販されており、この量は臨床試験の成績から十分な効果と副作用の軽減から決められています。

一方で、含有量50mg、100mgと表記があるものは、明らかな過剰な投与であり、ほとんどが偽造品か粗悪品です。
偽造品や粗悪品は、ED症状への治療的効果が得られないばかりか、予期しない副作用が起こる確率が高まりますので、服用には十分に注意する必要があります。

個人でタダラフィルのジェネリックを入手される場合は、直接インドへ行き買うか、信頼のおける個人輸入業者から得るかですが、どちらも注意することをお勧めします。

シアリスジェネリックの種類

シアリスジェネリックの種類は非常に豊富で、基本的な効果はシアリスと変わりませんが、形状が違ったり薬によっては早漏改善効果も持ち合わせたものがあります。

特に剤型は豊富で、シアリスは錠剤の形状をしている医薬品ですが、ジェネリックには、錠剤、舌下錠、トローチ、ゼリー状など、実に様々な形状の商品があります。例えばアジャンタファーマ社からは錠剤の他に、ゼリー状の医薬品「アプカリスSXオーラルゼリー」としてオレンジ味やイチゴ味など、計7種類の風味が付けられ、1袋に20mg含量の医薬品が約400円で売られています。

また、インドのフォーチューン・ヘルスケア社からは、舌下錠として水が無くても服用できる「タダリス・プロCT 20mg」が製造・販売されており、正規品のシアリスと比較すると、形状やタイプが異なる商品も多く流通しています。

メガリス

メガリスシアリスのジェネリック医薬品で良く知られる「メガリス」は、インドの大手製薬会社マクレオーズ社の製品で、海外通販で人気がある商品です。
形状はオレンジからピンクの丸い錠剤で、シアリスと同じ10mg、および20mg含量で販売されています。

薬の価格は、シアリス20mgで1錠が2,000円程度するのに対して、メガリス20mgは1錠500~700円と非常に安価に流通しています。
メガリスは、インドの大手製薬会社で製造および販売されているため、成分や安全性は、シアリスと同様ですが、本邦ではメガリスは承認されていないため、通常のルートでは輸入されません。

タダリスSX

タダリスEXバイアグラジェネリック「カマグラ」で知られているインド大手の製薬会社アジャンタファーマからも、主要成分であるタダラフィルを10mgまたは20mg含む錠剤、「タダリスSX」が製造・販売されています。

タダリスは、うすい黄色の楕円形の錠剤です。
シアリスにある「C20」などの印が無く20mg約300円の価格帯で、販売されています。

その他にも、ジェネリック医薬品は知られています。ムンバイの製薬企業シプラ社の「タダシップ」、インドのファイザー社の「タダリフト」、インドで売上1位のサンファーマ社の「フォーゼスト」などが、タダラフィルと同一効果のジェネリックで、非常に安価に販売されています。

シアリスジェネリックを通販で購入する

シアリスジェネリックは違法?

シアリスジェネリックは、まったく違法ではありません。

そのため、自分の使用する分のシアリスジェネリックを購入するだけなら、風邪薬や腹痛の薬と同じように利用できます。

安心安全国際的にみればイーライリリー社の持つ特許が有効であるシアリスを、インドの大手製薬企業が自由に製造や販売できることが問題に思えるかもしれませんが、そこにはインド特有の特許法が関係しています。
国際的にイーライリリー社の持つ特許は、タダラフィルとしての「物質の特許」と、ED治療薬としての「用途の特許」の2つからなり、国際的な特許が有効である国では、特許が切れない限り製造してはいけないことになっています。
しかし、インドの特許に関する法律は特殊で、これまで「物質の特許」が認められておらず、「製造の特許」のみが有効であったため、製造工程が少し違うだけで生産することができました。

法改正によって「製造中止」となりましたが、販売には規制が無いため、備蓄され残っているジェネリックが世界中で販売・流通しています。
先発医薬品であるシアリスは、他のバイアグラやレビトラと比較して値段の高い薬です。

特にバイアグラには、より安価なジェネリック医薬品が承認されているため、シアリスの正規品は、より高価に思われるようです。

インドの製薬企業で製造・販売されているジェネリック医薬品は、品質もよく安全性が高いため人気で多くの人が利用していますが、その反面、同時に偽造品や粗悪品も多く流通しています。

有効成分タダラフィルとは

ED治療薬タダラフィルは、既存のバイアグラ、レビトラの改良薬として作られました。成分の名称はタダラフィルといいますが、商品の名前はシアリスといい世界ではとてもよく知れわたっています。

シアリスの開発は、既存のバイアグラやレビトラの効果時間が短いことに対し、勃起の保持時間を長くさせることをコンセプトとしました。

その結果、バイアグラやレビトラよりおよそ5倍以上も勃起保持時間を伸ばすことができました。これによるメリットとしては、効果が持続する時間から逆算して薬を飲む時間を決めなければいけない心配が少なくなります。

また、勃起力が弱くなってしまう心配が軽減され、男性のみならずカップルの性行為が満足できるようになるのです。
概要としましては、バイアグラやレビトラの持続時間はおよそ5~6時間程度ですが、タダラフィルは最長時間36時間と何倍もの効果時間を持続することができます。

それにより、性行為をしたい日の朝に薬を飲むことで、効果は1日続くため、バイアグラやレビトラを愛用していた方の多くが乗り替えたとの話も聞きます。
タダラフィルの最大の特長は、従来のバイアグラの成分シルデナフィル。
また、レビトラの成分バルデナフィルと同じ働きをするのですが、

  1. 長時間の性的刺激による勃起時間が長い。
  2. 油分の多い食事の影響を受けにくい。

ことです。

ED改善作用を持つタダラフィル

カップル勃起に至るプロセスは、性的刺激を感じた脳が陰茎に信号を伝えることで、平滑筋が緩み海綿体に血液が流れやすくなることで起こります。これは、陰茎の平滑筋が緩み血管が広がるのは、陰茎に信号が伝わるとcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が増えるためです。

しかし、陰茎を勃起させるためにはとても重要な要素がこのcGMPですが、これはPDE5と呼ばれる酵素がcGMP を排除してしまうのです。
タダラフィルは、このPDE5(酵素)の作用を妨害し、cGMPの働きを良くし陰茎の勃起を促します。
(バイアグラやレビトラも同じ効能を持ち、cGMPの破壊を防止してくれます)

タダラフィルは性欲を増進させる強精剤や媚薬薬ではないため、服飲しても性的刺激がなければ効果はあらわれません。

タダラフィルの最大のメリットは、これまでのED治療薬より「勃起効果の持続時間が長い」という点です。
そのため、従来品のようにいつ服用しなければ薬の効果が切れてしまうという心配を軽減することができるというメリットがあります。

また、タダラフィルは、食前、食後、食事を気にせずにいつでも服用することができます。タダラフィルの働きとしては、陰茎の血管を拡張させ血流量を増やすことで正常な効果と持続を促すことですが、それは、勃起を促すcGMPを分解するPDE5(酵素)の活性を防ぐからです。

男性器の勃起するメカニズムは、性的刺激で興奮した大脳が脊髄を経由して勃起中枢に伝え、陰茎の細動脈壁から一酸化窒素が分泌されcGMPという血管拡張物質が増加します。
このcGMPの働きにより陰茎周辺部の血管が広がり血流量も増え、血液が海綿体に流れ込んで陰茎が膨張するのが勃起のメカニズムです。

射精後や性欲がなくなると、PDE5(酵素)が分泌されることでcGMPを減少させ勃起状態を鎮め陰茎は通常の状態に戻ります。
しかし勃起障害は、このPDE5が何かの現象によって多量に分泌され、勃起してもすぐに治まってしまい勃起そのものができなくなり、性行為で満足を得ることができなくなる症状です。

PDE5がEDの原因の場合は、有効成分であるタダラフィルがPDE5の働きを抑えるため、長時間持続に十分な勃起をサポートすることができます。

タダラフィルのED改善以外の効果

さらに、タダラフィルのED以外への活躍の場としては、血管拡張作用を使って、次の治療薬としても効果を発揮しています。

  1. 肺動脈性肺高血圧や前立腺肥大症による排尿障害。
  2. 肺高血圧症。
  3. 排尿障害。

タダラフィルは、主に「肺動脈性肺高血圧」と「前立腺肥大症に伴う排尿障害」などのEDの治療薬のほかにも多くも活用されます。

「肺動脈性肺高血圧」とは、心臓から肺に血液を送るための血管(肺動脈)の圧力が異常に上昇してしまい、心臓に大きな負担がかかり、全身への酸素供給が難しくなる病気で、国内では約6,000人の患者数と言われています。
これは、肺の血管を広げて血液の流れを改善させる治療が必要になり、病気は国の指定難病にもなっています。

血管拡張を妨げるPDE5は、陰茎海綿体だけでなく肺動脈平滑筋にも多く存在しているため、タダラフィルが有効に働くことで、平滑筋弛緩作用をもつcGMPの分解を抑制し、肺動脈圧および肺血管抵抗を改善する効果があります。

肺動脈性肺高血圧の治療に対しては「アドシルカ」という薬名で使用されています。「アドシルカ」は、自由診療のED治療とは違い健康保険の対象になります。

また、タダラフィルは、圧迫された尿道を弛緩させて症状を改善するためにも使われています。前立腺や尿道の平滑筋にもPDE5が多く存在しており、服用することによりPDE5を阻害しcGMPの分解を抑え収縮した血管を広げます。
前立腺が肥大すると尿道が圧迫されて、尿が出にくくなるや残尿感などの排尿障害になります。

排尿障害の治療では、タダラフィルは「ザルティア」という名前で使用され、これも健康保険の対象です。
性行為は感情面では安らぎと落ち着きをあたえてくれ、ストレスを解消し不安が減って自信や全体的な幸福感を高めてくれます。

その上、定期的に性行為していると女性も男性も外見が若くなり、長生きすると考えられています。

更新日:

Copyright© シアリスジェネリックは通販で格安購入 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.